×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


〜入門したての人向け〜
pixiaレイヤのイメージ解説

















 **レイヤってなんでしょうか?**  レイヤのイメージ

 ※みなさんのpixiaと画像の色などが違いますが気にしないでください


 こんにちは。 ヨークシャーです。



今回は、『レイヤ』のイメージについて、説明させていただきます。


すみませんが、ミニ解説の1〜3を ざっとお読みになってからご参加ください。



   こんにちは。ハンプシャーです。


     今回はこんな画像を用意して見ました。



 

 畑健二郎先生原作の
   『ハヤテのごとく!』は
 週刊少年サンデー連載中!
 テレビ東京系列で絶賛放映中!!


※ナギに似てますが目の色が違います。


 
    
 ファンアートの使用はくれぐれも慎重に。

 



  それではスタート!



 ミニ解説3で 「レイヤの増やし方」をやってみましたね  (ミニ解説3)

 から、追加OKで、こんなに増えました。




 
 今回の画像では、このようになっています。
 (青い部分の数字は気にしないでください)



 

 背景

 肌

 髪

 目

 線画

 ほほのピンク

 ほほの白




 全部で7枚の
 レイヤが重なり、一枚の絵になっています。




 ** ポイント1 ** 

 レイヤ機能とは、レイヤという架空の紙を
 重ねて使うことができる機能
のこと。



 今は、なんとなくそういうものなんだなと、思っていただければ充分です。



 それでは、どのように重なっているか見ていきましょう。




  まずは、この4枚です。




 一枚一枚はこうなっています。  左から 背景/肌/髪/目

 



 これではわかりにくいので、



 架空の壁の色 <背景色> を青に変更します。




 青くなった部分は着色のない透明の部分です。







  背景色とは架空の壁の色で、

色の塗られてない部分から、その架空の壁の色が見える
んですね 


次にこれを順番に重ねた様子を見ていきましょう。背景に肌を重ねます


 


 髪 目 と 重ねます
 


 
 パズルのようにぴったりくっついた


 ぴったりにならなくってもいいんですよ。




 もっと大胆にこんなこともできます。

 編集ボタンからレイヤを追加し、リボンを描いて見ました







 このように

 レイヤ機能を上手く利用すると簡単に修正や変更ができます。  



 順番では、5枚目のレイヤなのですが、

 先に6枚目と7枚目のレイヤをやりたいと思います。
 


 6枚目はほほの赤みになります。

背景色が青だとわかりにくいですね。  白にすると右のように見えます。

  





 これを重ねると、こうなります。
  


 矢印のほうから、重ねて見ています。


 7枚目は、ほほの白いテカリと目の白い部分になります。

  





 重ねると、こうなります。
  




 
 では問題です。


 図のように、レイヤを3枚追加しました。

 画面はどうかわるでしょうか?






  ** ポイントその2 **

 レイヤは透明な××みたいなもの




 フィルムでも、ガラスでもいいのです。あなたのイメージしやすい

 『透明な板っぽいモノ』をイメージしてくださいね。

 



 
 アニメに詳しい人はセル画用のシートをイメージされるかもしれませんね。



 それでは答えです。


 





 追加したレイヤは透明なので、

 追加しただけでは、変化がないのですね。



  ++ まとめのコーナー++



 ● レイヤは『透明』
(透明ではない場合もあり次のページで説明します)


 ● レイヤは重ねて使うことができる。

 

 レイヤとレイヤ機能のイメージがつかめましたか?

 もちろん、レイヤを重ねず一枚でもかまいません。
 1枚でもレイヤといいます。


 つぎのページでは、簡単に合成方法の説明をします。



 
作成  2007年06月     レイヤのイメージ2 へ つづく 
 TOPへ戻る
  +ぷらすコーナー

 レイヤの枚数は何枚増やせるでしょうか?

 答え パソコンのスペック次第なのです。枚数が多くなると重くなります。  

 最適な使用枚数は何枚でしょうか?

 答え 特にありません。 1枚でも100枚でもかまわないのです。

 みなさんのお絵描きしやすいようにどんどん工夫してみてください。